最低限の不動産投資基礎

最低限おさえておきたい、不動産投資の基礎についてご紹介します。

基礎というより用語解説が中心になります。

■ インカムゲイン
インカムゲインは、マンションやアパートなどを貸して得られる賃料などをいいます。

■ キャピタルゲイン
キャピタルゲインは、不動産を売却して得られる売買差益のことです。

■ 現物不動産投資
現物不動産投資とは、読んで字のごとく現物の不動産を購入し、これを賃貸して収入を得る事をいいます。

■ 小口化不動産投資
小口化不動産投資とは、不動産会社が資金を募って不動産を購入し、資金提供社に分配を与えるものです。投資家からすれば小口で投資ができるということです。

■ 証券化不動産投資
不動産を証券化したものです。証券化して資金を募ることにより資金を集めやすいというメリットがあります。また、証券を購入する者(投資家)の立場からすれば、少額の資金で不動産投資を行えるというメリットがあります。

■ 不動産ファンド
少額で不動産投資が行えます。実際に現物の不動産を購入して大家さんになると比べ、面倒な手間がかからない(ファンドが代行)というメリットがあります。






Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00