儲かる不動産投資の方法について

儲かる不動産投資の方法論・手法論というのがあるようですね。不動産投資の説明会でもたびたび耳にする話ですが、ここでも紹介したいと思います。


☆ 需要が見込める関東エリアで、土地付き木造アパート1棟を安値で購入する
関東の場合、不動産需要は大きいですよね。関東エリアで、土地付き木造アパート1棟を購入することができれば、高い利回りが期待できる分成功しやすいそうです。

木造アパートであれば、万が一の際、更地にして売却もしやすいことも大きなメリットといえます。

☆ 誰も欲しがらないボロアパートを購入する
誰もが欲しがらない、目を向けない物件こそ金脈です。ボロいアパートでも、安く購入できればこれを自らリフォームすることで優良物件へと生まれ変わらせることができます。

不動産投資を行う人は、自ら物件の手入れであったりリフォームをすることを避ける傾向にありますが、それをやってこそ他との競合差別化をはかることができるといえます。

☆ 住み慣れた土地の不動産を購入する
不動産投資の初心者は、物件のスペックを気にしがちです。しかし、それほど条件が良い物件でなくても、入居者が途絶えない物件というのはあります。そういった物件を見つけるには土地勘が大事になってきます。

自分が長年住み慣れた街にある不動産であれば、入居者が見込めるかどうかは肌感覚でわかるはず。そして、意外なことにこの肌感覚というのが成功のための大きなポイントになるようです。

考えてみれば、自分の知らない土地の不動産を購入するということは大変リスキーであると言うことができると思います。あなたのお住まいの街や住み慣れた街の中にも、住民だからこそわかる、人気のない場所というのがあるはずです。

☆ 地方都市の物件は投資がしやすい
地方都市の物件は、1000万円以下の物件が多く、少額からでも投資ができるんだとか。投資初心者は、初回からハイレバレッジでリスキーな投資はなるべく避けた方がいいと言えますから、はじめは地方都市の物件を狙うべきでしょう。

地方都市物件投資のポイント
・ 地方は駅の近さよりも駐車場の有無
・ 大規模マンションよりも小規模なアパートの方が空き室リスクが低くおススメ
・ 大学の近くなどは入居者が途絶えないためおススメであるが、大学がなくなる・移転するなどすると一気に状況が変わってしまう。このように、一つの施設に集客を依存する物件は極力避けるべき。

☆ 空き室リスクはある程度想定しておく
多くの不動産オーナーが恐れる空き室リスク。しかし、空き室リスクは最初からある程度は「あって当然」と想定しておく方が良いです。

それから、入居ニーズが無い物件は、いくら家賃を下げても人が入りません。不動産投資は、投資を行う前に勝負が決していると心得ましょう。



Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00