不動産投資セミナーの備忘録

このブログは、管理人が不動産投資セミナーについて調べたことを忘れないために作成した備忘録です。

管理人は、不動産投資の初心者であり、今現在勉強中の身です。これから、不動産投資セミナーなどに積極的に参加していこうと思っています。

もしあなたが、不動産投資の初心者であれば、あなたのお役に立てる情報をここでシェアできると思います。是非、最後までご覧になっていって下さいね。



Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00

最低限の不動産投資基礎

最低限おさえておきたい、不動産投資の基礎についてご紹介します。

基礎というより用語解説が中心になります。

■ インカムゲイン
インカムゲインは、マンションやアパートなどを貸して得られる賃料などをいいます。

■ キャピタルゲイン
キャピタルゲインは、不動産を売却して得られる売買差益のことです。

■ 現物不動産投資
現物不動産投資とは、読んで字のごとく現物の不動産を購入し、これを賃貸して収入を得る事をいいます。

■ 小口化不動産投資
小口化不動産投資とは、不動産会社が資金を募って不動産を購入し、資金提供社に分配を与えるものです。投資家からすれば小口で投資ができるということです。

■ 証券化不動産投資
不動産を証券化したものです。証券化して資金を募ることにより資金を集めやすいというメリットがあります。また、証券を購入する者(投資家)の立場からすれば、少額の資金で不動産投資を行えるというメリットがあります。

■ 不動産ファンド
少額で不動産投資が行えます。実際に現物の不動産を購入して大家さんになると比べ、面倒な手間がかからない(ファンドが代行)というメリットがあります。






Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00

儲かる不動産投資の方法について

儲かる不動産投資の方法論・手法論というのがあるようですね。不動産投資の説明会でもたびたび耳にする話ですが、ここでも紹介したいと思います。


☆ 需要が見込める関東エリアで、土地付き木造アパート1棟を安値で購入する
関東の場合、不動産需要は大きいですよね。関東エリアで、土地付き木造アパート1棟を購入することができれば、高い利回りが期待できる分成功しやすいそうです。

木造アパートであれば、万が一の際、更地にして売却もしやすいことも大きなメリットといえます。

☆ 誰も欲しがらないボロアパートを購入する
誰もが欲しがらない、目を向けない物件こそ金脈です。ボロいアパートでも、安く購入できればこれを自らリフォームすることで優良物件へと生まれ変わらせることができます。

不動産投資を行う人は、自ら物件の手入れであったりリフォームをすることを避ける傾向にありますが、それをやってこそ他との競合差別化をはかることができるといえます。

☆ 住み慣れた土地の不動産を購入する
不動産投資の初心者は、物件のスペックを気にしがちです。しかし、それほど条件が良い物件でなくても、入居者が途絶えない物件というのはあります。そういった物件を見つけるには土地勘が大事になってきます。

自分が長年住み慣れた街にある不動産であれば、入居者が見込めるかどうかは肌感覚でわかるはず。そして、意外なことにこの肌感覚というのが成功のための大きなポイントになるようです。

考えてみれば、自分の知らない土地の不動産を購入するということは大変リスキーであると言うことができると思います。あなたのお住まいの街や住み慣れた街の中にも、住民だからこそわかる、人気のない場所というのがあるはずです。

☆ 地方都市の物件は投資がしやすい
地方都市の物件は、1000万円以下の物件が多く、少額からでも投資ができるんだとか。投資初心者は、初回からハイレバレッジでリスキーな投資はなるべく避けた方がいいと言えますから、はじめは地方都市の物件を狙うべきでしょう。

地方都市物件投資のポイント
・ 地方は駅の近さよりも駐車場の有無
・ 大規模マンションよりも小規模なアパートの方が空き室リスクが低くおススメ
・ 大学の近くなどは入居者が途絶えないためおススメであるが、大学がなくなる・移転するなどすると一気に状況が変わってしまう。このように、一つの施設に集客を依存する物件は極力避けるべき。

☆ 空き室リスクはある程度想定しておく
多くの不動産オーナーが恐れる空き室リスク。しかし、空き室リスクは最初からある程度は「あって当然」と想定しておく方が良いです。

それから、入居ニーズが無い物件は、いくら家賃を下げても人が入りません。不動産投資は、投資を行う前に勝負が決していると心得ましょう。



Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00

不動産投資セミナーについて

不動産投資セミナーは基本的に業者が開催していますが、業者は何らかの意図があってセミナーを開催していることを理解しておきましょう。無料で開催しているのであれば尚更です。

セミナーというのは本来学びの場でありますが、業者にとっては集客手段であり、見込み客を集めて自社の都合の良いように教育を施して、後々のセールスに繋げたいという意向があるのは間違いないです。

セミナーの内容や性質はそれぞれが違いがあることでしょうが、セミナーで教えてもらえる情報は過信しすぎないようにしましょう。

セミナーに行く前に基礎知識は身につけておこう

まったくのど素人が、基礎知識皆無の状態のままセミナーに参加してもあまり意味はありません。本当に基礎の基礎といえるようなものはあらかじめ勉強しておくことが好ましいです。

なぜなら、セミナーの途中でわからないことがあってつまづいてしまうと、それ以降の話が全部理解できないかもしれないからです。そうなってしまうと、セミナー終了までの時間は非常に苦痛となると思います。本当に基礎の基礎的なことがわからなかった場合、手を挙げて質問するなどしてセミナーを中断するわけにもなかなかいかないと思います。

基本的に、セミナーに参加する人というのは意欲的な人、基礎知識を身につけている人が多いです。まったくのど素人や意欲が無い人が、わざわざ時間を割いて足を運ぶということはなかなか考えづらいものです。

本当に基礎の基礎と言える事項(インターネットで軽く調べられる事柄など)についてはあらかじめ理解しておくべきです。

どこまで掘り下げるべきかという問題もあるかもしれませんが、そういう場合は不動産投資初心者向けの入門書籍を1冊買って、これの範囲をカバーしておけば良いでしょう。



Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00

あらゆる教えがあることを心得よ

セミナーに関わらず、不動産投資関連の情報や教材はその数が豊富であり、いろんな教えがあります。

あっちの人とこっちの人では言ってることがまったく正反対といったようなことがあれば、初心者は非常に混乱してしまうことでしょう。セミナーなどに参加する前に是非理解しておきたいのが、不動産投資に絶対は無いということです。


あらゆる教えがあるということは知っておきましょう。絶対的な正解はありません。いろんな手法・方法論があります。いろんな成功者がいます。






Filed under: 不動産投資セミナー — 0:00:00